2018/05/01

≪五月の詩≫『おうちをつくろう』本を読む人―ウィルバー・D・ネズビット/詩

 
本を読む人

ウィルバー・D・ネズビット

本を読む人には

そばに友だちがいる

宝ものや 玉手箱も

おもいどおり

広い土地も

その気になれば

手にはいるんだ

本を読む人には



本を読む人には

本を読むだけで

もしかしたら

王さまにもなれる

王さまの王国は

だんろのわきの長いす

こういうものは みな

本を読む人のもの


『おうちをつくろう』
クシュラにおくる詩
編/ドロシー・バトラー
訳/岸田衿子・百々佑利子


2018/04/01

≪四月の詩≫ 光といっしょに 新川和江『いつもどこかで』


 光といっしょに


 みどりの森には
 止まりごこちのよい枝も
 かあさんが えさをはこんでくれる
 あたたかい 巣もあるけれど

 はじめてきく すてきなうたが
 早くおいで 早くおいで!
 と空のおくから
 小鳥をしきりに 呼ぶのでしょうね

 あのうたを
 風といっしょにうたってみたい
 光といっしょにうたってみたい

 そう思って
 いっしょうけんめいとんで行く小鳥は
 じぶんでは見えないけれど
 空のなかで
 キラリ つばさがうつくしくかがやくの

 かぜきりばねがつよくなって
 とおい国へも
 とんで行けるようになるの


2018/03/01

≪三月の詩≫『おしらせ』うさぎふたご


おしらせ


うさぎ ふたご


みみのさきの

すべすべ やわらかいところが

いちばんさきに はるになります


それから しばらくして

のはらじゅうが

はるになります


『のはらうたⅡ』
詩/工藤直子
童話屋

2018/02/01

≪二月の詩≫ 二月のあかり 石垣りん『レモンとねずみ』


二月のあかり



二月には

土の中にあかりがともる


遠足の朝など

夜明けの

まだ暗い空の下で

先に起きだしたお母さんが

台所のデンキをつけるように

旅のしたくを始めるように


二月には ぽっかり

土の窓にあかるいものがともる

もうじき訪れる春を待って


草の芽や

球根たちが出発する

その用意をしてあげるために

土の中でも

お母さんが目をさましている


『レモンとねずみ』
石垣りん/童話屋

第24回 春待ちおはなし会のご案内 津おはなしの会「マザー・グース」

2018年3月2日(金)

10:00~15:30

三重県総合文化センター内 
2F 中会議室

ストーリーテリング(語り)のおはなし会です。

ゆったりとした物語の世界をお楽しみください。

おとなの方対象のおはなし会です。

2018/01/05

≪一月の詩≫『こころ』(工藤直子/あっぱれのはらうた)


こころ


こいぬけんきち


かなしいと おもく ひきずる

うれしいと かるく はためく

しっぽは ぼくの こころだ


『あっぱれのはらうた』
詩/工藤直子


新しい気持ちで

一年を

スタートします。


今年もどうぞ

よろしくお願いいたします。

2018/01/01

年の始めのキルト市&あみもの倶楽部展示会

タペストリー、バッグ、マットなど

キルターの沖永美子さんが製作してきた

作品の展示即売会が1月に、

あみもの倶楽部の3回目の作品展が

2月に開かれます。