2017/04/29

ゴールデンウィーク中の営業時間のお知らせ。


4/29,30-お休み
5/1- 営業日/絵本とわらべうたの会(11:00 - 11:20)
5/2,3,4,5-お休み

2017/04/26

ブルーベリーの花が咲きました。

先日のパンランチは

クルミのシナモンロールと

ハムロール。

きまぐれ一品は柏餅でした。




みなさまにおいしく食べていただいて

今回も完売です。

来月もお楽しみに。




裏庭ではブルーベリーの花が咲きました。

実がなる頃が楽しみです。

2017/04/24

4月24日はパンランチの月曜日。前庭のアオギリはぐんぐん成長中。平野隆久『ちしきのぽけっと(6)葉っぱのあかちゃん』岩崎書店

毎月最後の月曜日はパンランチ。

おかずパンと甘いパン

きまぐれ一品とドリンクつきです。




限定8食 700円

11:30~14:00

どうぞ足をお運びください。


サクラやユキヤナギが散り

木々の緑が鮮やかになってきました。

森の前庭では

アオギリの冬芽が

ふくらんで……





葉っぱが

ひろがりました。




森の読書猫モリーが

毎日観察中です。


街路樹のイチョウやケヤキも

緑の葉っぱが出てきました。


新緑の季節が

待ち遠しいですね。

『葉っぱのあかちゃん』
写真・文/平野隆久
岩崎書店
定価(1400円+税)


表紙の葉っぱはユリノキ。

ぐんぐん成長して

緑の風が香る初夏には

心地よい木陰をつくってくれるでしょうか。

2017/04/17

≪写真展のお知らせ≫『輝く瞬間(とき)エゾナキウサギ写真展』4/17(mon) - 4/22(sat)

輝く瞬間(とき)
エゾナキウサギ写真展

4月17日(月)~22日(土) 
10:30~17:30 
※水曜定休 
※最終日は14:00まで   




北海道の山に生息し、

氷河期からの生き残りといわれる

小さなナキウサギ。

環境の変化などから

絶滅が心配されています。

 ナキウサギの生態や愛らしさがよくわかる、

21点の写真が展示されます。



オリジナルのナキウサギグッズの

販売もありますので

どうぞ足をお運びください。

2017/04/16

ぬいぐるみたちは日なたぼっこり。月曜日から「輝く瞬間エゾナキウサギ写真展」はじまります。



上天気。

森のぬいぐるみたちは

庭で日向ぼっこ。




月曜日からおはなしの部屋で

エゾナキウサギの写真展がはじまります。


輝く瞬間(とき)
エゾナキウサギ写真展
4月17日(月)~22日(土) 
10:30~17:30 
※水曜定休 
※最終日は14:00まで   




北海道の山に生息し、

氷河期からの生き残りといわれる

小さなナキウサギ。

環境の変化などから

絶滅が心配されています。

 ナキウサギの生態や愛らしさがよくわかる、

21点の写真が展示されます。



オリジナルのナキウサギグッズの

販売もありますので

どうぞ足をお運びください。

2017/04/12

4月13日(木)14日(金)はワッフルデーです。


ジューンベリーが満開です。




ほんの一週間前は

つぼみでした。




今週の木曜と金曜は

ワッフルデ―。

ランチワッフルに、スイーツワッフル。

春のお散歩がてら

お立ち寄りください。

2017/04/08

菜種梅雨の土曜日。庭でカエルが鳴きました。15時からストーリーテリングのおはなし会『さるじぞう』『三びきのやぎのがらがらどん』があります。


雨がしとしと降る土曜日。

空からはイソヒヨドリの声

庭からはアマガエルの声が

きこえます。




ジューンベリーの芽は

日に日に大きくなって

チューリップのつぼみは

あとすこしで咲く様子。





何色かな。






カシワバアジサイの葉っぱも

負けやしません。

ぐんぐん大きくなります。






ねこやなぎは

ふわふわでしたが

雨が降って

ぼしゃぼしゃです。






ビオラのおじさんたちは

顔をしわしわさせて

お花見の相談。






今日は15時から

おはなしの部屋で

ストーリーテリングのおはなし会があります。

『さるじぞう』『三びきのやぎのがらがらどん』

子どもの方も大人の方も

お待ちしております。

2017/04/05

水曜日の森の裏庭。アロエのとげとげ、ムスカリのさんかく、ワスレナグサの青。


ハナカンザシの花は

夕方がきれいです。







ユーフォルビアは

もしゃもしゃと

元気。






忘れな草にそっくりの

キュウリグサは

忘れな草のそばで

こっそり咲いています。






忘れな草の

つぼみは

ぎゅっとよりそっていましたが





あたたかさに

目を覚ましました。




ムラサキのさんかくが

ずいっと地面からあらわれる

ムスカリのつぼみ。






春の陽気に

ムラサキのベルを

たくさん鳴らします。






春のきいろ。






アロエは

とげとげ。



 

2017/04/02

≪森太郎とモリーのお散歩日記≫津のお城にいってきました。著/近田文弘 絵/大野八生『さくら研究ノート』偕成社

春うららかな四月二日の日曜日。

森の読書猫森太郎とモリーは

津のお城にお散歩に出かけました。



津のお城は津の中心、丸ノ内にあります。

森太郎とモリーは桜橋のおはなしの森から

塔世橋をわたって、朝日屋さんをこえて、

丸ノ内にたどりつきました。




――お城だ!

ちびのモリーはびっくりしました。

――お城はね、もうないんだよ

森太郎は言いました。

――これは、櫓が再現されたものなんだって。



サクラはつぼみがふくらんで、

すこしずつ咲きはじめています。

 森太郎とモリーは先へ進みました。




本丸跡は日本庭園になっています。

――門。

ちびのモリーが言いました。

――うん。藩校の正門だって。

森太郎が説明をよみあげました。

――みんなこの門をくぐって、学び舎にはいったんだね。




背の高い木々が

たくさん植えられています。

――何の木かなあ。

モリーがじっと見つめます。




日あたりの良い場所に

馬酔木がありました。

白い細かな花がたくさん咲いています。




モリーは石の上を

跳んでわたりました。

水はながれていませんが

流れているつもりで

真剣に渡ります。




次は、お堀を見に行きます。




――きれいにつんである。

ちびのモリーが言いました。

おはなしの森にある、

木のブロックパズルを

モリーはむずかしくて中々完成させられないのです。

――すごい。




――おや、亀だ。

お堀をのぞきこんだ森太郎が嬉しげに言いました。

――ひなたぼっこだね。気持ちよさそうに、足をぴんとのばしてる。




鯉たちは群を作り、整列して泳いでいます。

一列で進んでいたかと思えば、ターンして二列になったり、

向こうから泳いできた別の列と合流して、

また別の列をつくったり……。

――ふむ。

森太郎は興味深げに見つめます。




お堀のサクラも、まだほとんどがつぼみです。

どのつぼみもふくらんでいますから、

開花はきっともうすぐです。





楽しみですね。


『さくら研究ノート』
著/近田文弘 絵/大野八生
偕成社
定価(1,600円+税)

春の楽しみの一つであるサクラ。

知っている樹木の筆頭にくるであろう

とても身近な木です。

けれど、身近だからこそ

生態は知らないかもしれません。

サクラといえば花が思い浮かびますが、

その花はいつごろから準備されているでしょう。

桜もちにも使われる葉っぱの秘密とは?

子どもはちろん、大人も楽しめる

サクラの入門書です。

お花見の前に後に、

ぜひ、ご一読ください。

2017/04/01

≪5月のおはなしの森を楽しむ会≫まあるいポーチを作ろう。※都合により中止となりました。

春のショルダーにぴったりサイズの、
はまぐりみたいなまんまるポーチです。

5月9日(火)10:30~
定員6名
講習費1200円

都合により中止となりました。
申し訳ありません。



四月の詩 『花の名』新川和江

花の名

もも
ゆきやなぎ
みつばつつじ

花の名をいうときには
この春やっと
ひらがなを覚えたちいさな妹が
やわらかな鉛筆で
一字かいては
うれしげににっこりするように
わたしは発音するのです

えにしだ
こぶし はなみずき
そして さくら…


詩/新川和江
『いつも どこかで』
大日本図書



今月もよろしくお願いします。