2017/01/28

第23回春待ちおはなし会のご案内。津おはなしの会「マザー・グース」によるストーリーテリング(語り)のおはなし会です。


おはなしの森の店主も参加している

津おはなしの会「マザー・グース」が開催する

おはなし会のご案内です。



今年のテーマは

「鳥・トリ・酉」

そして

「魔女・魔法使い・やまんば」



絵本や紙芝居を使わない

ストーリーテリング(語り)のおはなし会です。



身近な干支の動物である、鳥。

すずめにカラス、めんどりオンドリ。

おはなしに登場する鳥たちは

どんな活躍を見せるでしょう。



もしかしたら自分は(お母さんは、お父さんは)

――魔女かも(魔法使いかも)。

と、思っている方々も

おはなしを聞きに来てください。

不思議な力をもっている存在は

いつの時代も人の心を惹きつけます。




第23回春待ちおはなし会

2017年2月23日(木曜日)

午前の部/10:00 - 12:00 (開場 9:40)
午後の部/13:30 - 15:30 (開場13:10)

三重県文化会館 2階 大会議室
(三重県総合文化センター内)

対象/小学生以上

参加費/無料


【午前の部】

・あやちゅうちゅう(日本)
・三本のカーネーション(イタリア)
・魔法使いのチョコレートケーキ(M・マーヒー)

*******

・三枚のお札(日本)
・ありこのおつかい(石井桃子)
・バラの花とバイオリンひき(ジプシー)

*******

・すずめとからす(バングラディシュ)
・美しいワシリーサとババ・ヤガー(ロシア)


【午後の部】
・腰折れすずめ(日本)
・かわいいメンドリ(旧チェコスロバキア)
・ホレおばさん(グリム)

*******

・おいしいおかゆ(グリム)
・ノロウェイの黒ウシ(イギリス)

*******

・ならずもの(グリム)
・王さまとメンドリ(パキスタン)
・不幸な星の下の娘(イタリア)


どうぞおたのしみに。



今年は津市でも雪が降り、

山なみも見事な雪化粧。

(総合文化センタ―の近くで撮りました)





春が待たれます。

2017/01/17

苔のおひっこし。越智典子『ここにもこけが…』福音館書店。田中美穂『ときめくコケ図鑑』山と渓谷社。『苔と歩く』WAVE出版。ロビン・ウォール・キマラー『コケの自然誌』築地書館



森の裏庭には

ちょこちょこ苔が生えています。

主には植木鉢のすみっこで

間借りするように育っています。



ところが、最近、勢力を広げた様子。



――あ、ここにもいた。

発見したのは

森の読書猫ちびのモリーです。






新しい場所は

駐車場の仕切りの小石の上。






雪がとけた水で

うるおっています。



――こけって、どんな場所に生えるんだろう。

ちびのモリーは、興味津々です。


『ここにもこけが…』
文/越智典子
写真/伊沢正名
福音館書店
定価(1,300円+税)


苔の名前はしっていても、

苔の生活についてはどうでしょうか。

どんな種類があって、

どうやって増えるの?



好奇心をかりたてる文章と

まるでコロボックルのように小さくなって

苔の森に立ち入ったかのような写真にわくわくする

苔の“入門書”です。



――駐車場の苔と、公園の苔はちがうのかなあ。

興味を持ったちびのモリーは、

偕楽公園にでかけていきました。






羽毛みたいにふわふわの苔、あかるい緑の王冠をかぶった苔。






――木に生えたこの苔には、なんだかぴろぴろしたのが生えてる。






――あ、きのこ。






いつもと同じ町の景色も

ちょっと目を凝らしてみるだけで

おや!と気づきが増えていき

どんどん深さをましていきます。



――苔の採集、してみようかな。

とは、森太郎。

おとなの方には、こちらもおすすめ。



『ときめくコケ図鑑』
文/田中美穂
写真/伊沢正名
定価(1,556円+税)



苔に心をときめかされたら、

今度は体をつかって苔を探しに行きましょう。


『苔とあるく』
著/田中美穂
写真/伊沢正名
定価(1,600円+税)
WAVE出版



遠くの森の苔に

思いをはせてみるのも

楽しみ方の一つです。


『苔の自然誌』
作/ロビン・ウォール・キマラー
築地書館
定価(2,400円+税)


エピソードごとに主役の苔が変わります。

都会の苔、庭の苔、誘拐(!)される苔、

勢力争いをする苔……。



苔を調査するユニークな方法に感心したり、

体をはった調査にうなったり。

短編小説を読んでいるかのような楽しみがあります。




●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp

2017/01/15

ゆきのひ。森の読書猫ちびのモリーはゆきだるまをつくりました。たむらしげる『ごろんごゆきだるま』福音館書店


きのうの夕方

森の読書猫ちびのモリーが

おおあわてで店主のところに

走ってきました。



――外にきて!



一緒に外に出てみると

雪が降っていました。






――どうなるかなあ。

窓の外を

興味深げに見ていたモリー。







そして、

今朝。






森の庭は

雪景色。






前庭にも

駐車場にも

うっすら雪がつもっています。






ちびのモリーはさっそく

ゆきだるまをつくりました。







目は、万両です。



――よし、ぼくもつくろう。



モリーの雪だるまを見て、

森太郎もいそいそと

雪だるまづくりをはじめます。






森太郎が作った雪だるまは、

ずいぶんおおきくなりました。




『ごろんごゆきだるま』
作/たむらしげる
福音館書店
定価(800円+税)



しんしんとゆきがふるひ。



ふりつもったゆきから

ゆきだるまがうまれました。



げんきな犬といっしょに

ゆきのはらであそびます。




●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp

2017/01/13

本日はワッフルデー。あたたかな森でさくさくワッフルをめしあがれ。


13日(木)はワッフルデー2日目です。





空を見上げてみると、

普段は見かけない山脈のような雲や

底の平たい雲が羊の群れのように並んでいます。

大気が不安定なのでしょうか。



――ここらでちょっと、雲に関する本を読もうかな。


と、森の読書猫森太郎。

寒さに気をつけてお出かけください。



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。

2017/01/12

1月12日(木)13日(金)はワッフルデー。まる、点、ドット、水玉。中辻悦子『まるまる』『まるてんいろてん』福音館書店


本日1月12日(木)と13日(金)は

ワッフルデ―です。





きのうは鏡開きでした。

森の読書猫森太郎は

お鏡餅をちいさくわって

おぜんざいにしました。


おもちに、りんご。

おさらに、まんげつ。


まるは身近なかたちです。



『まるまる』
作/中辻悦子
福音館書店
定価(900円+税)


表紙に

まんまるい窓がふたつ

あいています。



これは、めだま。



こちらをじっと

みつめています。



どうしたんでしょう。



絵本を開くと、

まるの下に一本の線が

加わります。



くちです。



“目玉”と“口”が

いろんな表情を

つくりだします。



わらったり、

ないたり。



百面相になって

読んでしまいそうな絵本です。




『まるてんいろてん』
作/中辻悦子
福音館書店
定価(800円+税)



まるてんいろてんって、

いい響き。


丸点色点。


たくさんの

まるてん、いろてんが

絵本の中で大はしゃぎ。


色という不思議なものを

丸というなじみ深いかたちで

興味深くとらえます。



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。

2017/01/10

こんにちは、チューリップ。


今日の津市の日の出は

7時2分。

8時をまわったころから

ようやく明るくなります。



太陽の光があると

気分がしゃっきりしますね。








チューリップの芽が

ひょっこり顔を出しました。






沈丁花のつぼみは

先年の秋ごろから仕度されて

冬を越し、春に咲きます。



風に匂いが感じられるのが

今から楽しみです。



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。

2017/01/07

日時計のオキザリス。


――せり なずな ごぎょう 

はこべら ほとけのざ

すずな すずしろ。


森の読書猫ちびのモリーが、

覚えたばかりの

春の七草をかぞえます。






季節の節目にいただく食べ物は

魔をはらい、病を遠ざけると

いわれています。



七草粥も、その一つ。






ごちそうをたくさん食べた

お正月。

ここらでちょっと

ひとやすみです。






落葉した紫陽花の根元に咲いた

ピンク色のオキザリス。



太陽が好きなこの花は

日時計さながらに、

光をあびると花ひらいて、

光がたえるとしぼみます。






前庭のオキザリスは、

パラソルみたいな赤いライン。



この週末は

あまり天気がよくありませんが、

ほんの少し陽がさしたら

きっときれいに咲くでしょう。



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。

2017/01/06

おはなしの森のあたらしい一年がはじまりました。一月の詩「餅について」長田弘(『食卓一期一会』晶文社より)


餅について


冬はおもいきって 寒いのがいい

風はおもいきって 冷たいのがいい

頬は赤く 息は真っ白な冬がいい

子どものころ 田舎の冬がそうだった

空気がするどく澄んでいて

終日 ぼくは石蹴り遊びに熱中し

搗きたて餅が大の好物だった

じんだ餅 たかど餅 つゆ餅

のり餅 くるみ餅 なっと餅

あんころ餅 ねぎ餅 からみ餅

餅は食べかたである

つくりかたで さまざまに名が変わる

つくるとは 名づけること

おふくろが 一つ一つ教えてくれた

鉄は熱いうち 餅は搗きたて

冬のおふくろの言葉を

まだ覚えている



『食卓一期一会』
著/長田弘
晶文社
定価(2,300円+税)



新しい年のはじまりです。


今年もどうぞよろしくお願いします。


2017/01/05

手、ひも、鉛筆、紙。とくべつなものは何もいらない遊び方。モリーのお気に入りは、にわとりさんのえかきうた。加古里子『だるまちゃんと楽しむ日本の子どものあそび読本』福音館書店


風の強い木曜日。



お店の前の青桐の冬芽が

茶色のコートを着こんで

ぶるぶるふるえています。






おはなしの森の新年は

明日1月6日(金)からはじまります。



森の読書猫森太郎は

せっせとお店を開けるしたくを

しています。



ちびのモリーは

机でお絵かき。



紙の上には、今年の干支のにわとりが

こけこっこと描かれていました。





――おや、モリー。上手に描いたもんだ。


森太郎が感心して言いました。


――絵描き歌があるんだよ。


この冬休み、

モリーがお気に入りの本がこちら。



『だるまちゃんと楽しむ
日本の子どものあそび読本』
著/加古里子
福音館書店
定価(1,400円+税)



あやとりや、手あそびの影絵、

折り紙に、草花や木の実の遊びなど

身近なもので楽しく過ごせる

遊び方がたくさん載っています。




にわとりの描き方は

どうぶつ絵かきあそび。




♪月が 4つで

日が 3つ

ほしが 2つで

とり こっこ♪





大人も子どもも

楽しめます。



加古里子さんといえば

パン好き森の店主の愛読書

『からすのパンやさん』(福音館)の作者です。



『だるまちゃん』絵本シリーズも

一緒に読んでみてくださいね。



『だるまちゃんとてんぐちゃん』
作・絵/加古里子
福音館書店
定価(900円+税)



『だるまちゃんとだいこくちゃん』
作・絵/加古里子
福音館書店
定価(900円+税)



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。

2017/01/04

お節の仕度は万端でした。川端誠『十二支のお節料理』BL出版。さて、新年。いずれもりっぱな十二支が、ずずいといならびごあいさつ。みきつきみ『十二支のしんねんかい』こぐま社


あたらしい年も四日目になって、

町ににぎやかさがもどってきました。






森の読書猫森太郎は買い物に出かけて

――お正月の食材が、すっかりなくなったなぁ。

と、びっくりした顔で言いました。

――かまぼこが少なくなった。

と、ちびのモリーは言いました。



けれども、普段は見かけない

県外のナンバーの車も走っていますし、

年賀状はちらほら届いて、

まだまだ子どもたちはおやすみです。



普段とは違う空気が残っていますね。




さて。

一生懸命に新年を迎える支度をしていた

十二支の動物たち。

いったいどんな、

新年を迎えたでしょうか。




『十二支のお節料理』
作/川端誠
BL出版
定価(1,300円+税)



今年は、酉年。



とはいえ、

気になるのはやっぱり

自分の干支。



この動物は、こんな風かな……と

色々にイメージを抱いていると思います。



『十二支のお節料理』のページをめくると、

個性豊かな動物たちが、

それぞれの性格をいかして

新年を迎える準備をしているのです。




衆目を集める派手な役目もあれば、

地味でも大切な役目があります。

それらをきちんと果たす姿に

胸があたたかくなりました。




(森太郎は、いのししの大ファンです)




その動物たちの新年会は、

どんな具合でしょうか。



『十二支のしんねんかい』
文/みきつきみ
絵/柳原良平
こぐま社
定価(1,100円+税)



新年会に集まった

十二支の動物たち。



それぞれに

自己紹介がはじまります。



すがすがしい鋭角的な

イラストレーションに

リズムたっぷりの文章。



読んでいて心地よい絵本です。



(森太郎はやっぱり、いのししが好きです)



●おはなしの森を楽しむ会●


にわとりとひよこの
手あそび人形を
作りましょう


1月20日(金)
10:30~12:30
定員5名
講習費¥800


やわらかなフリースで手のひらサイズの

にわとりとひよこを作ります。

にわとりのおなかの中にはいっていた

たまごをひっくり返すと

ひよこに変身!

わらべ歌をうたって

遊んでくださいね。


***********************************************

おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。

==============================

●本の注文承ります●

ブログで紹介した本など、本の注文をうけたまわっております。
お取り寄せも可能ですので(※1)お気軽にお問い合わせください。

tel/059-222-5554
mail/ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp


※お取り寄せに料金はかかりません。ご自宅等配送時は別途送料がかかります。