2016/07/29

裏庭は蝉の大合唱。ナンキンハゼには緑の実。


トネリコの木で。

ナンキンハゼの木で。

蝉が大合唱。






ナンキンハゼには

かわいい緑の実がなりました。

秋には殻がはぜて、

白い種がのぞきます。



≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


絵本の詳しい内容はこちら:過去記事“森の絵本を作りましょう”


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。



●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/25

≪本日のパンランチ≫ビーネンステッヒ&ベーコンロール。きまぐれの一品は、ずんだ餅。 偕成社『海辺のともだち-みつける・たべる・あそぶ』


今月のパンランチは、

大人気ビーネンステッヒ。

このごろ大注目の

ずんだ餅をそえて。







パンランチ

あまいパン、おかずパン、気まぐれ一品、ドリンク
11:30-14:00
限定8食
※ドリンクはコーヒーOR紅茶 







夏になると

水辺が近しくなりますね。




『海辺のともだち』
偕成社



海には

不思議な生きものが

たくさん。







身近な世界でも

良く知らないことって

たくさんあります。



世界って

広いですね!




≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


絵本の詳しい内容はこちら:過去記事“森の絵本を作りましょう”


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/24

麺をつるり。 岡田よしたか『うどんのうーやん』


つるんと

麺類がおいしい

季節です。






今年の夏は

大矢知の金魚印の素麺が

森の読書猫、森太郎のお気に入り。



夏はつめたい麺類が

おいしいけれど

やっぱりあったかいのも

おいしいです。



『うどんのうーやん』
作/岡田よしたか
ブロンズ新社
定価(980円+税)



お店が忙しいので、

自分で自分の

配達にでかけていく

働き者のうどん、うーやん。



道々、

人助けをして

具材をふやしていく、

人情に篤い、うーやん。




こんなすごいうどんには

めったにお目にかかれません。




どうぞ、

読んでみてくださいね。








≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


絵本の詳しい内容はこちら:過去記事“森の絵本を作りましょう”


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/20

夏が来た。 はたこうしろう『なつのいちにち』


トネリコの木から

蝉時雨。

すっかり夏です。







夏には

何をしましょうか。



森の読書猫ちびのモリーは、

早起きして朝顔を見ます。



それから、裏庭にまわって

野菜畑をみて、

睡蓮鉢をみて、

ちょっとだけ雑草を抜いて……



『なつのいちにち』
著/はたこうしろう
偕成社
価格(1000円+税)



梅雨が明けて

ぴかぴかの天気は

うれしいものの、

ぎらぎらの太陽は

ちょっと危険。



熱中症に気をつけて

夏を楽しんでください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


絵本の詳しい内容はこちら:過去記事“森の絵本を作りましょう”


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/19

夏の蓮。


梅雨も明けた三連休。


森の看板猫こと

読書猫森太郎とちびのモリーは

高田本山専修寺へ

蓮を見に行ってきました。






やわらかなピンク色。

きれいな滴のかたち。



ぽん、と音を立てて

かろやかに咲くでしょうか。






いよいよ、夏本番です。







≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


絵本の詳しい内容はこちら:過去記事“森の絵本を作りましょう”


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/16

≪おはなしの森を楽しむ会≫森の絵本を作りましょう。


紫陽花の季節もおわり。


そろそろ、梅雨もあけるでしょうか。






裏庭のメジロが巣立って、

メジロスになっている

森のみんなです。


過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。

過去記事:鳥の巣の絵本。

過去記事:卵が雛になりました。






今日は、8月25日(木)のおはなしの森を楽しむ会

“森の絵本を作りましょう”の紹介です。



じゃばらになった

ながーいしかけ絵本。



黒い画用紙に

クレパスで森を描き、

白い画用紙に

色鉛筆で登場人物を

描きます。



こちらが

講師の小林先生の作品です。



森の看板猫こと、

読書猫の森太郎が、

おはなしをつけました。



――しずかな森を、どうぶつたちが走っています。

いそげ、いそげ、とリスの子。






――親子のハリネズミは、てくてく歩きます。

道に迷ったキツネの奥さんに、フクロウが道を教えます。

どうやら、森の奥をめざしているようです。






――おや、ネズミのきょうだいは、プレゼントを持っています。

ゾウはすてきなお花のつえを、ゆらゆらさせています。

いったい、なにがあったのでしょう。






――サルの子が、花束をもって木に登りました。

おめでとう、とウサギの姉妹がささやきます。

そう、森の奥で、鳥が卵を産んだのです。

森のみんなが、つぎからつぎへと、

おいわいにやってくることでしょう






黒い紙に描く森は、

どこか幻想的。



どんな物語がうまれるか

わくわくしますね!



ご参加お待ちしています。



≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。




講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/14

庭の律義者ユーコミス・プンクタータ。



雨のあとの

朝はさわやかです。







森のキッチンの窓の

カーテンのかげから

メジロの巣をそっと

たしかめます。



過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。

過去記事:鳥の巣の絵本。






おはなしの森の庭には

さまざまな植物が植えられていて

森のみんなが忘れていても

季節が来たら

きちんと芽を出します。




たとえば、

ユーコミス・プンクタータ―は

冬場にはしんとして

地上には何も現れません。




――この鉢、なんだったかなぁ。




毎年、森太郎が頭をなやませて

ひっくり返しそうになるほどです。




けれども、

夏に向けて密やかに

わさわさと葉っぱを茂らせて

細いパイナップルのような花を

にょきっと咲かせます。






冬のひっそりした

無言の鉢からは

想像できない姿。



植物っておもしろいですね。



≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。





講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/12

裏庭のメジロが雛になりました。


おはなしの森の

裏庭のジューンベリーに

メジロが巣をかけて

はや数週間……



過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。

過去記事:鳥の巣の絵本。



ようやく、

雛になりました。







親鳥がせっせと

ごはんを運んでいます。






親鳥がいない時は

巣の中にじっとしているのか

姿は見えず……。

小さな巣のまわりは

しーんとしています。




――もう巣立ったのかな……。



と、おはなしの森の看板猫こと

読書猫ちびのモリーは

目を三角にして

森太郎兄さんにたずねます。




――隠れているんだよー。




と、森太郎。

まだ飛べない雛は

とても弱い存在。



おとうさん鳥や

おかあさん鳥が

そばにいないときは

静かにしているように

教わったのでしょうか。




そろそろ

梅雨もあけそうな

夏空。







旅立ちの日が

待たれます。







≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。






講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/09

くるくる葉っぱの朝顔、ねじねじのネジ花。


裏庭のメジロの卵が

孵化しました。




小さな雛が

親鳥に餌を運んでもらっています。




過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。

過去記事:鳥の巣の絵本。







変わり朝顔も、

不思議な葉っぱが

ぐんぐん育っています。



夏の庭は

楽しみがいっぱいです。






≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。






講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:
00

定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/03

八月のおはなしの森を楽しむ会☆8/25(thu)森の絵本を作りましょう&8/30(tue)夏の終わりにおやこでお花を生けましょう


裏庭のナンキンハゼは、

今が花の時。







蜂や、名前も知らない虫たちが

たくさんやってきます。



ジューンベリーに巣をつくったメジロは

庭に水をまいていると

いったん姿を消しますが

水まきを終えると、戻ってきます。



過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。



――危なくないって、わかったんだね。



森の看板猫こと

読書猫ちびのモリーは

ほっと一安心。






森太郎は、

里芋とスイカの見回りに

余念がありません。






≪おはなしの森を楽しむ会≫


●森の絵本を
  作りましょう。






講師 手づくり絵本教室『夢工房』
    小林茂美さん


折りたためば手のひらサイズ、

4場面8ページの

ながーい絵本。



舞台は、森。

黒い紙にクレパスで木々を、

白い紙に鳥や動物たちを描いて、

とびだすように工夫する

しかけ絵本です。


自分だけの森の絵本を

作ってみませんか!



8月25日(木)

10:00~13:00


定員6名

対象:どなたでも

※おとなの方も、おこさまも、ご参加いただけます。

※未就学児の方は、保護者の方とご一緒にお願いします。

講習費1600円


持ち物:クレパス・色鉛筆(黒い紙と白い紙に使います)
     
     よく切れるハサミ・鉛筆・消しゴム

     広告紙(5枚くらい。のり下紙に使います)
   
     ハンドタオル(お手拭用)

     ※のり、ボンドはこちらで用意します。




●夏の終わりに
  おやこでお花を
  生けましょう

講師 フラワーコーディネーター
    飯田美知子さん


瑞々しいお花を前にすると

暑さで疲れた心と体が

よみがえるようです。


自由なセンスで

お花をいけてみませんか?


8月30日(火)

10:30~12:30


対象:おやこで5組

講習費:2500円

持ち物:花バサミ

*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。

2016/07/01

七月の詩 「光といっしょに」(新川和江『いつもどこかで』大日本図書より)



七月になりました。






光といっしょに



みどりの森には

止まりごこちのよい枝も

かあさんが えさをはこんでくれる

あたたかい巣もあるけれど



はじめてきく すてきなうたが

早くおいで!早くおいで!

と 空のおくから

小鳥をしきりに呼ぶのでしょうね



あのうたを

風といっしょにうたってみたい

光といっしょにうたってみたい



そう思って

いっしょうけんめいとんで行く小鳥は

じぶんでは見えないけれど

空のなかで

キラリ つばさがうつくしくかがやくの



かぜきりばねがつよくなって

とおい国へも

とんで行けるようになるの




『いつもどこかで』
著/新川和江
大日本図書



今月もよろしく

おねがいします。