2015/04/30

憧れの旅へ 吉村和敏写真集『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』サイン本です。


町で黄色の雲をみかけると


――モッコウバラ。

――カロライナジャスミン。

――ヤエヤマブキ。

――オウバイ。

――さあ、どれだ。


と、なります。



これは、

カロライナジャスミン。






今や

まばたきをするのと

同じくらい簡単に

誰でも写真を撮ることができる時代。



たくさん撮りだめて

それっきり、なんてことも

あるかもしれません。



でも、

その目が見たものは

記憶にしっかり

焼きつけられています。


とはいえ、

写真の素晴らしさは

距離を越え、

時間を遡って

ここに居ながらにして

ここにはないものを

見ることができるという

点にあるのでは

ないでしょうか。





『「イタリアの最も美しい村」全踏破の旅』
著/吉村和敏
講談社 定価4,104円


2001年、「イタリアの最も美しい村」協会が設立され、

村の加盟制度が発足しました。

歴史的建造物の保全と修復、

ツーリズム産業による地方活性化などを柱に成長を遂げ、

2014年6月現在234村が加盟しています。

どの村も、深い歴史と文化があり、

村人たちは建造物を頑なに守り、

村人同士の繋がりを大切にしながら、

辺境の地で、心豊かに、

誇りを持って暮らしています。

私は、5年余りの単独取材によって、

全234村を訪れ、

撮影することに成功しました。


              吉村和敏



どうぞ、

ページをめくってみてください。


限定サイン本です。






風よ吹け!


森でお待ちしています。


≪講座のお知らせ・受講生募集中≫



●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。


覚えていただいたおはなしは宝物!


こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)


詳しくはこちらのリンクからどうぞ



≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/28

MOOMIN!北欧の家族のような存在☆トーベ・ヤンソン生誕100周年


グリーンの花には

ほかの花の色にはない

魅力があります。






葉っぱの色と

花の色が同じ。


あれれ?と、

頭の中の回線が

普段とは違う

反応をするのかもしれません。


さて、

名古屋は松坂屋美術館で

ムーミンの展覧会が

開催されています。


≪トーベ・ヤンソン

生誕100周年記念

MOOMIN! ムーミン展≫


4/25(日)~5/17(日)

松坂屋美術館

名古屋店 南館 7F


HPはこちら


ムーミン一家は、

読者の心の中で

北欧に暮らす遠い親戚のような

存在なのでは

ないでしょうか。


あるいは、

親友かもしれませんし、

敬愛すべき存在かもしれません。



生誕100周年にあわせて、

装丁も新しくなりました。


限定スペシャルカバーですので

購入はおはやめに!






『たのしいムーミン一家』
著/トーベ・ヤンソン
訳/山室静
講談社 定価(581円+税)






『ムーミン谷の仲間たち』
著/トーベ・ヤンソン
訳/山室静
講談社 定価(581円+税)



ムーミンシリーズを

読んでいると、

何気ない一文の中に

はっとさせられる言葉が

たくさん見つかります。






『ムーミンママの名言集』
著/トーベ・ヤンソン
編/サミ・マリラ
講談社 定価1,188円



同じシリーズに、

『ちびのミイの名言集』

『スナフキンの名言集』……

などなど

ムーミン谷の仲間たちの名言が

集められています。


興味のある方は

スタッフまでおたずねください。




まちなかで

ぱちり。


白いモッコウバラも

素敵ですね。


森でお待ちしています。


≪講座のお知らせ・受講生募集中≫



●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。


覚えていただいたおはなしは宝物!


こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)


詳しくはこちらのリンクからどうぞ



≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/27

陽気が夏日にかわるまえに 『ねこさんかぞくの みどりのカーテン』



風が心地よい

初夏のような週末でした。






窓から差し込む陽射しも

だんだんと

強くなってきます。


そろそろ、

今年の夏にかける

緑のカーテンを

計画する時期です。





『ねこさんかぞくの みどりのカーテン』
作/津田直美
ブロンズ新社 定価(1,400円+税)


去年のおはなしの森の

緑のカーテンは、

フウセンカズラ

ルコウソウ

アサガオの

三種類の植物でした。



フウセンカズラは

文句なしの成長でしたし、

ルコウソウも大きめのプランターで

しっかり根を張れるように育てたら

繊細な葉っぱながら

ぐんぐん育ちました。



さて、今年は何にしましょうか。


みなさんは、いかがですか?


ねこさん家族と一緒に

考えてみてくださいね。



森でお待ちしています。



≪講座のお知らせ・受講生募集中≫



●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。


覚えていただいたおはなしは宝物!


こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)


詳しくはこちらのリンクからどうぞ



≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/25

土曜日はおはなし会☆今日は絵本のおはなし会!


ムスカリの花は

遠くから見ると

紫色の粒ですが

近くで見ると

パフ・スリーブみたいですね。




ちょうちん袖、ともいいましょうか。


モッコウバラや

カロライナジャスミンの

きいろと、


ツルニチニチソウや

ムスカリ、アジュガ、

藤の

むらさき。



きいろも

むらさきも

絵の具のチューブから

出した時には

エネルギーのかたまりのような

強い色ですが



庭先のそれらは

とても

世界になじんでいます。



なぜでしょうね?





本日(4/25)は絵本のおはなし会があります。


じかん/15:00~

ばしょ/おはなしの部屋


ご自由に、ご参加いただけますので、

時間になりましたら部屋におはいりください。



≪講座のお知らせ・受講生募集中≫



●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。


覚えていただいたおはなしは宝物!


こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)


詳しくはこちらのリンクからどうぞ



≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/23

おはなしを語ってみませんか?≪ストーリーテリング講座のご案内≫


……ユキヤナギ?

に、

似ていますがコデマリです。





同じバラ科の植物ですし、

小さな白いお花もそっくりです。


ユキヤナギは白猫のしっぽ、

コデマリは白いボールのかたち。


春らしいお花です。





さて、本日は

おはなしの森店主が

5月から6月にかけて取り組む

ストーリーテリング講座の案内です。



毎週土曜日に

森のおはなしの部屋でおこなわれる

おはなし会。



月に一度、

ストーリーテリングの

おはなしの日がありますね。



絵本や紙芝居を

つかわない

語りのおはなしのことです。





●津図書館
 
 ストーリーテリング講座


おはなしと出会い、

楽しみ、

最後には一つ、

おはなしを覚え、

語っていただく

講習会です。


覚えていただいた

おはなしは宝物!


こどもたちに

おはなしを語ってみませんか。



担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)

お申込みは、津図書館へ

TEL 059-229-3321





おかげさまでおはなしの森は、

この5月で15年目を迎えますが、

子どもたちと本の世界をつなぐという意味で

20年以上続けていることがあります。


「耳からの読書」と言われる

ストーリーテリングによる

おはなし会活動です。


聞きなれない言葉かと思いますが、

それ自体は新しいものではなく、

子どもたちにお布団の中で、

ある時はおひざの上で

長く語りつがれてきたおはなしのことです。


そのおはなし・ストーリーテリングと

初めて出会ったのは、

まだ幼稚園生だった娘たちと

一緒にでかけた、

津図書館のおはなしの部屋です。


絵本や紙芝居はなく、

聞き手の目を見ながら

静かに語られるおはなしは、

他に何人もの聞き手がいたにもかかわらず、

私に語ってもらっている!

と感じられる心地よいものでした。


(中略)


小さい頃からたくさんのおはなしを

繰り返し聞いて、

おはなしが身体の中に入っていて、

それを今度は子どもたちに再現できる

伝承の語り手ではありませんから、

本からおはなしを覚えて

語っています。







想像力を駆使して、

語られる言葉だけで楽しむ

ストーリーテリングは、

特に昔話を

力強くまっすぐに

伝えてくれるように思います。


逆に絵本でしか伝わらない

楽しさもたくさんあります。


どちらも子どもにとって

大切な別の楽しみです。



ストーリーテリングとして、

初めて出合ったおはなし

『世界でいちばんやかましい音』も覚えて、

子どもたちに語っています。


今年も5月末から、

おはなしの講座が始まります。

バトンを受けて今は、

おはなしの大切さを伝える

立場になりました。


おはなしの楽しさを体感していただき、

子どもたちに語ってみませんか!



『kalas 翼のある小冊子 25あたたかなドミノ』

“おはなしの森の本棚 随筆書評2”より

発行/カラスブックス 





興味のある方は、

お気軽に

森のスタッフに

声をかけてください。



☆予告☆


参加者募集のお知らせ


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



<おはなしの森を楽しむ会>



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

大人気☆まついのりこさんの行事こびと絵本 『こいのぼりこびとのおはなし』


つつじの花も……





咲いてきました。






ぴろんとのびた

めしべが

蝶々の舌みたいですね。



おはなしの森を楽しむ会では

こどもの日の

ティディベアをつくりました。






勇ましい

かぶと姿のくまさん。



こいのぼりが

たいやきみたいで

かわいい感じ。



三重県立文化センターの

広場とエントランスでは

今年もこいのぼりが

悠々とおよいでいます。



こどもの日、

オススメの絵本は

こちらです。





『こいのぼりこびとのおはなし』
作/まついのりこ
童心社 定価(600円+税)


まついのりこさんの

大人気シリーズ・行事こびとの絵本の

一冊です。



ひなまつりや、おつきみ。

まめまきに、おしょうがつ。

年中行事の折々に

活躍する行事こびとたち。



今回の活躍の場は、

五月五日の端午の節句。



この日には、

菖蒲湯に入りますね。



菖蒲に

魔を遠ざける力があるからとも、

尚武(強く勇ましくあるように、つとめること)との

語呂合わせとも

いわれています。



物語の中で、

五月五日の青空に

黒雲がわきだします。



このままでは、

こいのぼりがあげられない。



こいのぼりこびとが

たちあがります!



どきどき、

わくわくの

物語。



勇ましいこびとの姿に

今回も

パワーをもらいます。



来月の

五月五日の日に

すばらしい青空が

ひろがりますように!






青空のもとで

読書をしたりお茶をしたり、

活躍の場は色々の

パッチワークマットが

森の雑貨屋さんに入荷予定です。



大きさは約70cm×64cm。





ざっくりした

フェザーステッチが

ほどこされています。






縁取りの

ぷちぷちは

イエローのグラデーション。






座ってみたり、

寝ころんでみたり。



ゴールデンウィークの

お出かけに

活躍するかも

しれません。



お楽しみに。



森でおまちしています。



☆予告☆


参加者募集のお知らせ


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



<おはなしの森を楽しむ会>



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/22

ことばの遊びがとまらない その2 『それ ほんとう?』



本日4月22日(水)

おはなしの森は定休日です。


白いマムたちが

太陽の光をいっしんに

うけています。






ピンクのラッパのような花は

キルタンサス・マッケーニー。

ギリシャ語で、

“曲がった花”を意味します。


またの名を

角笛草。


春の角笛が高らかに

鳴り響くこの時期

おはなしの森の庭には

いったいなにが

集まっているのでしょう。



マムたちの

顔つきをみれば

きっと

良きものなのでしょう。






ことばの遊びがとまらない、二日目。



今日、紹介するのは

ナンセンスを楽しむ絵本です。





『それ ほんとう?』
文/松岡享子
絵/長新太
福音館書店 定価(1,300円+税)


表紙からして

すでに笑いがこみあげてくる

おかしさです。



最初のおはなしは

こうです。



――あめりかうまれの

――ありのありすさんが

――あるあきの

……



あることに

気づきませんか?




どの文も“あ”

はじまっていますね。



次のおはなしは

どの文も

“い”からはじまって、

その次のおはなしは

どの文も

“う”からはじまります。



それが“わ”まで続くのです。



つまり……。



この絵本は、

謎めいたショート・ストーリーが

“あ”から“わ”の五十音分、

ぎっしりつまっているということ。



すごーい!



そのアイデアと、

次々にくりだされる

ことばのセンスに脱帽です。



一気に読むと

息切れがするくらいの

ナンセンスぶり。



タイトルの『それ ほんとう?』は

文末のツッコミです。



ちょっとばかり、

おはなしの森の

”で

チャレンジしてみましょう。





おかしなおはなし


おすすめです。


おうちでよんで


おおわらいしてください。


おはなしの森のスタッフも


おかしさのあまり


おなかがいたくなりました。


おおなきしていると


おいしゃさんがとんできて


おれんじ味の


おいしい


おくすりをくれました。


……それ ほんとう?




おそまつさまでした。



みなさんも

じぶんだけの

『それ ほんとう?』

つくってみてください。



できましたら、

おはなしの森のスタッフに

こっそりきかせてくださいね!






クスノキの古い葉っぱも

だいぶ落ちまして

若い緑の葉っぱが

梢をいろどっています。



蝶々の羽のような

不思議な模様の葉っぱたち。



クスノキの下を通りかかったら

ぜひ一枚ひろって

じっくり見てみてください。



明日、森でお待ちしています。


☆予告☆


参加者募集のお知らせ


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



<おはなしの森を楽しむ会>



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。

2015/04/21

ことばの遊びがとまらない その1 『ことばあそびうた』


チューリップが

にぎやかに咲いています。




紫はハーデンベルギア、

あいだのハコベのような花は、

ユーフォルビアです。


春になると

窓の外からいろんな声が

聞こえてきます。


鳥の声

風の音。


放課後の

遊びをする

こどもの声。


声や音の

ひとつのかたちに

ことば、があります。


今日と明日の

二日間

そのことばで遊ぶ絵本を

紹介します。





『ことばあそびうた』
詩/谷川俊太郎
絵/瀬川康夫
福音館書店 定価(1,000円+税)



和風のデザインが

かっこいい表紙。



さるはけん玉をかかげて

見得をきっていますし

かっぱはヨーヨーを

ふりかざして

エラそうです。

なさけない顔のタヌキは

てんつく太鼓を

たたいています。



どんな詩が

まっているのやら……。



期待を胸に

ページをめくれば

日本語のリズムに

ハマります。



あ!知ってるという

詩もあるはずです。



たとえば、


――かっぱ  かっぱらった





――はなの の ののはな はなのな なあに


など。



楽しいことばを

くちずさんでいると

心も体も

楽しくなります。



ぜひ、

声に出して

読んでみてくださいね。






☆予告☆


参加者募集のお知らせ


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。







作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



<おはなしの森を楽しむ会>


●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークで

きんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に

便利なサイズです。



*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。